歯医者でのホワイトニングの実際のメリットとは?

自分で専用ハミガキ粉などを使ってできるホワイトニングは手軽さの反面、白くなる効果に限界がある(自分の好みの白さにはできない)、自分の施工技術に品質が左右されるので、場合によっては歯に傷がついて、色が再付着しやすいというデメリットがあります。
費用は安いものの、結果は自己責任…ということが常につきまといますね。
このようなことを心配する方には歯医者でのホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか?

歯医者さんでのホワイトニングの方法には、さすが専門家だけあって、多くの方法があるようです。その中でも比較的メジャーな方法が次の2つ。

オフィスホワイトニング

専用の薬剤を使って、歯に沈着している色素を抜く方法です。
表面だけなく、歯の内部まで浸透して色素を抜くので歯磨き粉のように中途半端な白さでなく、完全に真っ白にすることも可能です。
一回の通院で施術は完了し、薬剤の塗布回数によって歯の白さを自分の好みに合わせて
選べることが特徴です。
プロが行う施術なので、仕上がりがかなりきれいになることと、すごく真っ白な歯にも
できるのが大きな特徴ですね。
ただしデメリットもあります。施術完了時は思い通りの白さになりますが、3ヶ月から6ヶ月ほどで徐々に元の汚れが徐々に沈着していきます。ほうっておくと結局元に戻ってしまうので再施術が必要になります。
また、施術後数週間は、効果を高めるためにステインのつきやすいもの、コーヒーや、お茶、カレーやタバコといったものは控えなければなりません。

ホームホワイトニング

もう一つは、歯科医に薬剤を処方してもらい、それを専用のマウスピースに塗って毎日一定時間装着して色素を抜いていくという方法です。
最初に歯医者さんに行った時に自分の歯型にあったマウスピースを作成します。
その後自宅に帰って1日数時間程度装着し、1~2週間程度続けます。
装着回数によってどんどん白くなっていくので、自分の好みの色にも合わすことができます。つまり効果においてもオフィスホワイトニングとほぼ同等の効果が得られるということですね。
じっくり時間をかけることから、持続性もオフィスホワイトニングよりも長いそうです。
しかしデメリットは、マウスピースを一定時間つけなければいけないことから、余計な手間がかかりますね。毎日それだけの時間をとれるかがポイントになってきます。

いかがでしょうか?効果という面では自由に歯の白さをコントーロールできてしかも結果も失敗がないという点で両方共確実な施術方法だと思います。
ただし、共通してかかる問題がおかねです。
両者とも、歯の本数毎にお金がカウントされ、平均するとだいたい50000円以上はかかってくるそうです。しかも保険が効かない自費診療となります。自分でできる方法だと、続けても10000円いくかいかないかというくらい。5倍以上のコストをかけて歯を白くしたいかそうでないか、自分の目的をはっきりさせる必要ありますね。
また、通院にかかる手間も見逃せません。施術だけなく、その後の確認のための通院、続けるなら半年、1年毎の通院など、病院に行く手間が面倒な方にはあまりおすすめできないでしょう。白くするということにすごくこだわっている方でない限り、歯科医でのホワイトニングはあまりお勧めできないと思います。