代表的な自分でできるホワイトニング4つのメリット、デメリット

代表的な自分でできるホワイトニング4つのメリット、デメリット

歯のホワイトニングは、文字通り、歯を白く変化させることではありますが、
そのプロセス、つまり方法には、いくつか存在します。
そこで一般的によく行われている代表的なやり方4つについてそれぞれのメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

1.研磨型

最も手軽な方法かつ、対応商品も多数発売されており、ホワイトニングをやられている方の多くはこの方法を採用しているのではないでしょうか?文字通り歯の表面を研磨剤などで削って汚れている表面を削り落としてしまう方法です。自分で行う場合は、主に歯磨き粉に研磨剤が含有されているホワイトニング専用の歯磨き粉を使用することが多くなると思います。発売されているアイテム数も一番多く、アパガードやブリリアントモアといったブランドが代表的ですね。

メリット

やはり、いつもの歯磨きと同じように、もしくは一手間加えるだけでできます。特殊な機器を必要とすることからとにかくお手軽に始めることができ、また、歯の表面を削ることになるので、ある程度の白さを出す効果は期待できます。

デメリット

「磨く→削る」ということになるので、歯の表面の面積は使い続けるほど小さくなっていきます。また、目の非常に細かい研磨剤が入っている商品であればそれほど、気になるほどではありませんが、もし目の荒い研磨剤が入っていると、歯に細かいキズがついてしまい、そこからさらに色素が入り込んでしまい着色がすすんで、白さがたちまち消えてしまい、前よりも濃くなってしまうことも。自分の歯の性質にあった商品を選ぶことが大切ですね。

2.ステイン型

ステインというのは、いわゆる歯の着色汚れの総称こと。特になにが原因ときまっているわけではなく、お茶に含まれるタンニンや、タバコのニコチン、さらに食べ物に含まれるカルシウムなどもステインの原因物質となりえます。色も物質によってそれぞれ違うのでタンニンなら黒ずみ、ニコチンなら黄ばみが多い色になってしまうでしょう。

ステイン型の歯磨き粉は、このステインを浮き上がらせて除去する成分を含むことによって、歯を白くする形となります。代表的なアイテムはトゥースメディカルホワイトEXです。また、歯磨き粉だけでなく、電動歯ブラシにも超音波によってステインを除去する機能がついた商品も発売されています。

メリット

研磨型と同様に、いつもの歯磨きと同じようにできる点です。特別な手間もかからず一定の効果を得ることができます。また、研磨剤が入っていないので、歯の表面を傷つける心配がありません。あくまでも着色の原因である汚れを浮かせてとるというメカニズムになっていますので、歯の健康を損なうことはありません。

デメリット

歯磨き粉の場合、ステインを除去できる成分はたくさんあるのですが、薬事法の関係で強力な成分を配合することができません。そのため、すごく真っ白になるわけではありません。白さを復活させるには限界があります。
また、商品の中には漂白剤も合わせて配合されていることがあります。その場合酸の力で歯のエナメル質が傷つき、研磨型と同様歯の表面がギザギザになる場合があります。

3.シリコンゴム型

ドラッグストアなどで売られているシリコンゴム型の商品があります。シリコン素材などでできた部分に液体を付けてそれを歯の表面にゴシゴシと塗っていくタイプです。

メリット

週一度くらい、それも数分くらいで塗ることができるので、歯磨き以上に簡単にできるというメリットがあります。しかもどの商品も概ね500円程度の値段なのでコスパは最高です。また、歯ブラシが不要なので、持ち歩きがしやすく、大事なシーンの前にささっと塗ることも可能です。

デメリット

シリコンゴムというと柔らかそうな成分なのですが実はそれにつける液体には研磨剤が入っています。強くゴシゴシと塗ってしまうと、歯を削りすぎてしまい、逆に着色を進めてしまう結果になってしまいます。また、白くなる程度もそれほど強くありません。あくまで一時的に白くしたいと思った時に留める場合は効果を発揮しますが、長く継続的に使用するべきではないでしょう。

4.塗料型

上の3つは、なんらかの形で歯の汚れの原因物質を除去しますが、最後にご紹介する塗料型は、ちょうどマニキュアや化粧のように歯に塗料を塗って白くする方法です。原因物質を取ろうとするとなんらかの形で歯に影響を与えますが、この場合は安全な塗料で歯に塗る形になるので、悪影響はありません。歯磨きした後に塗って余分な塗料や水分を除去する流れになります。

メリット

歯の白さをより際立たせるという点では上の3つに勝る点が多く、より白く歯をしたいという方にはおすすめです。また、金歯や銀歯といった詰め物がある場合も白くすることができるので、多い方には重宝するのでは?と思います。

デメリット

原因自体を取り除くわけではなく、あくまでも塗るだけなので、すぐ剥がれてしまい、時間的な持ちは短いのが大きなデメリットです。商品によっては何か食事しただけですぐ落ちてしまったということもあるようです。パーティや大事な出会いがあるなど、ココ一番の時以外の普段使いには向いていません。

また、塗り方に少々慣れが必要であり、歯磨きよりも手間がかかることがあります。
塗り方が雑だった場合、綺麗な部分と汚れた分がまだらになってしまい、余計歯の汚さが目立ってしまうことがあるので、ある程度の時間があり、手先の器用な人以外はあまりおすすめできません。