なぜステインが歯についてしまうのか?

歯の汚れの元凶と言われているのがステイン。毎日歯磨きしていても、なんらかの影響で長いスパンで見ると必ず色素がついてしまいます。そもそもなぜステインが歯に付着してしまうのでしょうか?

ペリクルという物質が密接に関係していた。

歯はエナメル質という石灰質でできているのは有名な話ですよね。でも実際に直接エナメル質に汚れがつくわけではありません。実はエナメル質の周りにはペリクルという物質が全体を囲っています。無色透明で非常に薄い膜なので、肉眼ではわかりにくいですね。
実は汚れの原因はこのペリクルの副作用によって起こるものなのです。
ペリクルは歯だけはなく、細胞全体にも薄い膜の保護機能としての役割があります。
歯においても、同じでエナメル質を覆って保護する役割とともに、口の中の悪細菌をブロックしたり、再石灰化をみたしたりという役割もあります。
ただ、その過程で同時にステインとなる原因物質を吸着してしまう役割もあり、このペリクルは時間が経つと再石灰化の促進とともにエナメル質に定着してしまいます。これが汚れの原因となってしまうのです。つまりコーティングの役割を果たしながらも同時についた汚れも同じにしていまうありがたいのか迷惑なのかよくわからない物質なのですね。。

ペリクルはどんなものがお好み?

ではそのペリクルはいったいどんなものを吸着しやすいのでしょうか?
ざっくりいってしまえば、口の中にはいるものすべてと言っていいでしょう。色素があるものすべてに可能性がゼロではないといえません。
その中でも特に吸着しやすいのがタバコのタールです。
喫煙所や灰皿を見てもわかるようにちょっと吸っても茶色いヤニが付着してしまいますよね。歯においても同じく、タールは特に粘着質の多い物質なので、付着してしまいます。
また、コーヒー、紅茶に含まれるタンニンもクセモノです。別茶渋とも呼ばれるのですが、渋みを司る物質の反面、色はタールと似たようなこげ茶色、ペリクルとの化学反応によって容易に付着してしまうそうです。
同じく、ワインや柿など渋みのあるものにもタンニンは含まれており、葉の汚れの原因となります。