代表的な自分でできるホワイトニング4つのメリット、デメリット

代表的な自分でできるホワイトニング4つのメリット、デメリット

歯のホワイトニングは、文字通り、歯を白く変化させることではありますが、
そのプロセス、つまり方法には、いくつか存在します。
そこで一般的によく行われている代表的なやり方4つについてそれぞれのメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

1.研磨型

最も手軽な方法かつ、対応商品も多数発売されており、ホワイトニングをやられている方の多くはこの方法を採用しているのではないでしょうか?文字通り歯の表面を研磨剤などで削って汚れている表面を削り落としてしまう方法です。自分で行う場合は、主に歯磨き粉に研磨剤が含有されているホワイトニング専用の歯磨き粉を使用することが多くなると思います。発売されているアイテム数も一番多く、アパガードやブリリアントモアといったブランドが代表的ですね。

メリット

やはり、いつもの歯磨きと同じように、もしくは一手間加えるだけでできます。特殊な機器を必要とすることからとにかくお手軽に始めることができ、また、歯の表面を削ることになるので、ある程度の白さを出す効果は期待できます。

デメリット

「磨く→削る」ということになるので、歯の表面の面積は使い続けるほど小さくなっていきます。また、目の非常に細かい研磨剤が入っている商品であればそれほど、気になるほどではありませんが、もし目の荒い研磨剤が入っていると、歯に細かいキズがついてしまい、そこからさらに色素が入り込んでしまい着色がすすんで、白さがたちまち消えてしまい、前よりも濃くなってしまうことも。自分の歯の性質にあった商品を選ぶことが大切ですね。

2.ステイン型

ステインというのは、いわゆる歯の着色汚れの総称こと。特になにが原因ときまっているわけではなく、お茶に含まれるタンニンや、タバコのニコチン、さらに食べ物に含まれるカルシウムなどもステインの原因物質となりえます。色も物質によってそれぞれ違うのでタンニンなら黒ずみ、ニコチンなら黄ばみが多い色になってしまうでしょう。

ステイン型の歯磨き粉は、このステインを浮き上がらせて除去する成分を含むことによって、歯を白くする形となります。代表的なアイテムはトゥースメディカルホワイトEXです。また、歯磨き粉だけでなく、電動歯ブラシにも超音波によってステインを除去する機能がついた商品も発売されています。

メリット

研磨型と同様に、いつもの歯磨きと同じようにできる点です。特別な手間もかからず一定の効果を得ることができます。また、研磨剤が入っていないので、歯の表面を傷つける心配がありません。あくまでも着色の原因である汚れを浮かせてとるというメカニズムになっていますので、歯の健康を損なうことはありません。

デメリット

歯磨き粉の場合、ステインを除去できる成分はたくさんあるのですが、薬事法の関係で強力な成分を配合することができません。そのため、すごく真っ白になるわけではありません。白さを復活させるには限界があります。
また、商品の中には漂白剤も合わせて配合されていることがあります。その場合酸の力で歯のエナメル質が傷つき、研磨型と同様歯の表面がギザギザになる場合があります。

3.シリコンゴム型

ドラッグストアなどで売られているシリコンゴム型の商品があります。シリコン素材などでできた部分に液体を付けてそれを歯の表面にゴシゴシと塗っていくタイプです。

メリット

週一度くらい、それも数分くらいで塗ることができるので、歯磨き以上に簡単にできるというメリットがあります。しかもどの商品も概ね500円程度の値段なのでコスパは最高です。また、歯ブラシが不要なので、持ち歩きがしやすく、大事なシーンの前にささっと塗ることも可能です。

デメリット

シリコンゴムというと柔らかそうな成分なのですが実はそれにつける液体には研磨剤が入っています。強くゴシゴシと塗ってしまうと、歯を削りすぎてしまい、逆に着色を進めてしまう結果になってしまいます。また、白くなる程度もそれほど強くありません。あくまで一時的に白くしたいと思った時に留める場合は効果を発揮しますが、長く継続的に使用するべきではないでしょう。

4.塗料型

上の3つは、なんらかの形で歯の汚れの原因物質を除去しますが、最後にご紹介する塗料型は、ちょうどマニキュアや化粧のように歯に塗料を塗って白くする方法です。原因物質を取ろうとするとなんらかの形で歯に影響を与えますが、この場合は安全な塗料で歯に塗る形になるので、悪影響はありません。歯磨きした後に塗って余分な塗料や水分を除去する流れになります。

メリット

歯の白さをより際立たせるという点では上の3つに勝る点が多く、より白く歯をしたいという方にはおすすめです。また、金歯や銀歯といった詰め物がある場合も白くすることができるので、多い方には重宝するのでは?と思います。

デメリット

原因自体を取り除くわけではなく、あくまでも塗るだけなので、すぐ剥がれてしまい、時間的な持ちは短いのが大きなデメリットです。商品によっては何か食事しただけですぐ落ちてしまったということもあるようです。パーティや大事な出会いがあるなど、ココ一番の時以外の普段使いには向いていません。

また、塗り方に少々慣れが必要であり、歯磨きよりも手間がかかることがあります。
塗り方が雑だった場合、綺麗な部分と汚れた分がまだらになってしまい、余計歯の汚さが目立ってしまうことがあるので、ある程度の時間があり、手先の器用な人以外はあまりおすすめできません。

自分でできるホワイトニング後の汚れを再付着させない方法

せっかくホワイトニングして白くなった歯だから、このまま保ちたいと思うのは誰もが願うことでしょう。
しかし残念ながら、どのホワイトニング方法も今ある汚れをとるだけで、将来的に予防する効果はありません。口にものを含む以上、ずっとこのままの白さを保ち続けることは不可能だと思います。ただし、今ある白さをできるだけ長持ちさせることは可能です。幾つかの方法をご紹介するので、せっかく取り戻した白い歯をできるだけ保ってみましょう。

研磨剤を使ったホワイトニングの場合はゴシゴシ磨かない

研磨剤入りの歯磨き粉や、シリコンゴムを使ったアイテムの場合、あまりゴシゴシこすり過ぎると歯の表面に傷がついてしまい、そこから色素が入り込んでステインの再付着の要因になります。なぜかといえば、ステインを吸着する原因となるペリクルは歯の再石灰化の役割を持っており、傷ついたところから優先的に再石灰化を行うため、ステインも呼び寄せやすい状態になってしまうためです。すぐに白くならないからといって焦らずじっくりと取り組みましょう。

食後にはうがいをして食べ物の痕跡を極力残さない。

食べ物を食べた後ステインがすぐに吸着するわけではありません。ペリクルがステインを呼び寄せた後、それが乾いてエナメル質に吸着するまでは一定の時間が必要です。
だとすれば、食後ハミガキといわないまでもせめてうがいをして食べ物でついた汚れを除去することで一定の予防効果が発揮できます。

口の中をできるだけうるおい高く保つ

ペリクルは乾燥がすすむごとに色素をエナメル質に定着させます。であれば、潤いを常に持たせることによって乾燥を遅らせ、定着させにくい口中環境を作ることが大切です。具体的には、唾液を多く分泌させるハミガキガムなどを噛む、定期的に水分を摂りつづけるペースを作るなど、口の中が乾かず潤いを保つ状態を作りましょう。特に冬場は空気が乾燥するので呼吸だけでも簡単に乾燥してしまいます。余計に気をつけることが大切ですね。

コーティング機能付きの歯磨き粉を使う

ここ最近では、ペリクルのさらに外側にコーティングをして、ステインの付着を防ぐ歯磨き粉が登場しています。具体的にはバイオポリリン酸、ウルトラメタリン酸などの物質を配合していてこれらはステインの除去と同時に薄い膜を形成し、付着自体をブロックしてくれるというすぐれものです。もちろん完全に付着を防ぐわけではありませんが、一定の軽減効果は見込めると思います。

 

歯医者でのホワイトニングの実際のメリットとは?

自分で専用ハミガキ粉などを使ってできるホワイトニングは手軽さの反面、白くなる効果に限界がある(自分の好みの白さにはできない)、自分の施工技術に品質が左右されるので、場合によっては歯に傷がついて、色が再付着しやすいというデメリットがあります。
費用は安いものの、結果は自己責任…ということが常につきまといますね。
このようなことを心配する方には歯医者でのホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか?

歯医者さんでのホワイトニングの方法には、さすが専門家だけあって、多くの方法があるようです。その中でも比較的メジャーな方法が次の2つ。

オフィスホワイトニング

専用の薬剤を使って、歯に沈着している色素を抜く方法です。
表面だけなく、歯の内部まで浸透して色素を抜くので歯磨き粉のように中途半端な白さでなく、完全に真っ白にすることも可能です。
一回の通院で施術は完了し、薬剤の塗布回数によって歯の白さを自分の好みに合わせて
選べることが特徴です。
プロが行う施術なので、仕上がりがかなりきれいになることと、すごく真っ白な歯にも
できるのが大きな特徴ですね。
ただしデメリットもあります。施術完了時は思い通りの白さになりますが、3ヶ月から6ヶ月ほどで徐々に元の汚れが徐々に沈着していきます。ほうっておくと結局元に戻ってしまうので再施術が必要になります。
また、施術後数週間は、効果を高めるためにステインのつきやすいもの、コーヒーや、お茶、カレーやタバコといったものは控えなければなりません。

ホームホワイトニング

もう一つは、歯科医に薬剤を処方してもらい、それを専用のマウスピースに塗って毎日一定時間装着して色素を抜いていくという方法です。
最初に歯医者さんに行った時に自分の歯型にあったマウスピースを作成します。
その後自宅に帰って1日数時間程度装着し、1~2週間程度続けます。
装着回数によってどんどん白くなっていくので、自分の好みの色にも合わすことができます。つまり効果においてもオフィスホワイトニングとほぼ同等の効果が得られるということですね。
じっくり時間をかけることから、持続性もオフィスホワイトニングよりも長いそうです。
しかしデメリットは、マウスピースを一定時間つけなければいけないことから、余計な手間がかかりますね。毎日それだけの時間をとれるかがポイントになってきます。

いかがでしょうか?効果という面では自由に歯の白さをコントーロールできてしかも結果も失敗がないという点で両方共確実な施術方法だと思います。
ただし、共通してかかる問題がおかねです。
両者とも、歯の本数毎にお金がカウントされ、平均するとだいたい50000円以上はかかってくるそうです。しかも保険が効かない自費診療となります。自分でできる方法だと、続けても10000円いくかいかないかというくらい。5倍以上のコストをかけて歯を白くしたいかそうでないか、自分の目的をはっきりさせる必要ありますね。
また、通院にかかる手間も見逃せません。施術だけなく、その後の確認のための通院、続けるなら半年、1年毎の通院など、病院に行く手間が面倒な方にはあまりおすすめできないでしょう。白くするということにすごくこだわっている方でない限り、歯科医でのホワイトニングはあまりお勧めできないと思います。

なぜステインが歯についてしまうのか?

歯の汚れの元凶と言われているのがステイン。毎日歯磨きしていても、なんらかの影響で長いスパンで見ると必ず色素がついてしまいます。そもそもなぜステインが歯に付着してしまうのでしょうか?

ペリクルという物質が密接に関係していた。

歯はエナメル質という石灰質でできているのは有名な話ですよね。でも実際に直接エナメル質に汚れがつくわけではありません。実はエナメル質の周りにはペリクルという物質が全体を囲っています。無色透明で非常に薄い膜なので、肉眼ではわかりにくいですね。
実は汚れの原因はこのペリクルの副作用によって起こるものなのです。
ペリクルは歯だけはなく、細胞全体にも薄い膜の保護機能としての役割があります。
歯においても、同じでエナメル質を覆って保護する役割とともに、口の中の悪細菌をブロックしたり、再石灰化をみたしたりという役割もあります。
ただ、その過程で同時にステインとなる原因物質を吸着してしまう役割もあり、このペリクルは時間が経つと再石灰化の促進とともにエナメル質に定着してしまいます。これが汚れの原因となってしまうのです。つまりコーティングの役割を果たしながらも同時についた汚れも同じにしていまうありがたいのか迷惑なのかよくわからない物質なのですね。。

ペリクルはどんなものがお好み?

ではそのペリクルはいったいどんなものを吸着しやすいのでしょうか?
ざっくりいってしまえば、口の中にはいるものすべてと言っていいでしょう。色素があるものすべてに可能性がゼロではないといえません。
その中でも特に吸着しやすいのがタバコのタールです。
喫煙所や灰皿を見てもわかるようにちょっと吸っても茶色いヤニが付着してしまいますよね。歯においても同じく、タールは特に粘着質の多い物質なので、付着してしまいます。
また、コーヒー、紅茶に含まれるタンニンもクセモノです。別茶渋とも呼ばれるのですが、渋みを司る物質の反面、色はタールと似たようなこげ茶色、ペリクルとの化学反応によって容易に付着してしまうそうです。
同じく、ワインや柿など渋みのあるものにもタンニンは含まれており、葉の汚れの原因となります。